有限会社プレモ

【埼玉・東京】住宅床下木材合板防カビ工事は必要です

お問い合わせはこちら

【埼玉・東京】住宅床下木材合板防カビ工事は必要です

【埼玉・東京】住宅床下木材合板防カビ工事は必要です

2023/10/12

床下木材合板カビは多い

床下木材合板カビは多く今では新築住宅竣工前からカビが発生しているケースもあります。築20年以上ともなれば床下木材合板にカビが発生することは良くあることです。カビが発生していれば防カビ工事を行うことをお勧めします。何故なら効果があるからです。防カビ工事の存在を知らない人はぜひ弊社のブログを読んでください。

カビ取り作業はとても重要

プレモ防カビ工事の作業の場合大きく3つの段階に分けられます。中でもカビ取り作業はとても重要でこの作業をおざなりにしていると後で痛い目にあいます。カビ取り作業を行わない業者は話になりません。皆さんも見積書をなどを確認するべきです。

床下木材合板防カビ施工

カビ取り→殺菌消毒を経て抗菌コーティングである防カビ施工を行います。写真は防カビ施工中になります。この防カビ施工は丁寧に擦り込むことでさらに強固になります。床下木材合板カビの漂白脱色と出来る限り死滅させることで木材合板に防カビ施工が浸透しカビ防止します。カビ繁殖が酷過ぎる時は時間も費用も掛かりますが身を削りながら作業していますのでご理解いただければと思います。

床下木材合板防カビ工事後乾燥中

防カビ施工後乾燥させることで効果がさらにアップします。ここまでがプレモ防カビ工事の流れになります。防カビ工事を行うには条件があります。
床下高35cm40cm以上 カビ取りにおける薬剤や大量のカビ胞子を体内に取り込まないようにするためです。②床下に侵入する点検口は45cm角以上です。
他にも人通口の有無などがありますが、床下木材合板のカビでお困りの時はお気軽に相談ください。埼玉県・東京都を中心に対応しています。

----------------------------------------------------------------------
有限会社プレモ
〒362-0062
埼玉県上尾市泉台3-17-28
電話番号 : 090-4023-4337(担当:山田)


埼玉で床下のカビ対策なら

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。