有限会社プレモ

築20年以上の住宅床下木材合板に防カビ工事の勧め

お問い合わせはこちら

築20年以上の住宅床下木材合板に防カビ工事の勧め

築20年以上の住宅床下木材合板に防カビ工事の勧め

2024/01/10

住宅床下を長持ちさせる防カビ工事

築20年以上の住宅床下が合板だらけの場合、カビが繁殖していることが多いのでカビ取りを含めた防カビ工事をお勧めします。滅多に床下断熱材が無く合板だらけの住宅には遭遇しませんが、遭遇した際は床下木材合板の防カビ工事を提案させていただいております。先ほども書きましたがカビ取りは当たり前ですし、さらに殺菌消毒を施し出来る限りカビ(真菌類)を死滅させないといけません。その上での抗菌コーティングである防カビ施工になります。難しい話はともかく住宅床下を長持ちさせるためには3~5年に一度程度の床下点検をするのが一番でしょう。その上でカビが部分的に発生していたら防カビ工事を行えば安く済みます。費用を抑え住まいを長持ちさせるには防カビ工事が一番でしょう。住宅床下を長持ちさせたい時はプレモ床下防カビ工事をぜひご検討ください。床下高35㎝40㎝以上(内基礎の人通口や大引き下の高さがさらに低くなるための変更です)・床下点検口があり45㎝角以上に対応しています。埼玉県・東京都を中心に千葉県・神奈川県や群馬県・栃木県・茨城県に対応しています。お気軽に問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------
有限会社プレモ
〒362-0062
埼玉県上尾市泉台3-17-28
電話番号 : 090-4023-4337(担当:山田)


埼玉で床下のカビ対策なら

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。