有限会社プレモ

築古集合住宅の天井結露するコンクリート下地のカビを止めるには

お問い合わせはこちら

築古集合住宅の夏の天井コンクリート下地結露対策

築古集合住宅の夏の天井コンクリート下地結露対策

2024/07/09

コンクリート天井で内窓設置は禁忌

築古集合住宅(マンションや団地)において天井がコンクリート下地の時、結露する腰窓に内窓設置は気を付けないと天井に大量の滴や壁紙が濡れ始めカビを繁殖させることに繋がりますので、内窓設置前に天井を軽く叩いてみるべきでしょう。固いならコンクリート下地ですから内窓を設置すると魔法瓶のように部屋が暖かくなりますが、冷えているコンクリート下地に暖かい空気が接触すると結露が発生します。リフォーム会社は一切そのことを言いませんので皆さんだけは知ってください。

内窓設置前に天井に結露対策工事を

内窓設置前の天井コンクリート下地にどのような結露対策を行ったら良いのでしょう?
答えは、防カビ結露対策工事です。
天井コンクリート下地に防カビ工事しカビを一度リセットし、断熱シートを貼り、吸放湿壁紙張りを行い完了になります。厚みは4mm以内で圧迫感も大きな音もしませんし、コンクリート下地に穴を開けることもありません。ご予算で結露する天井外壁側だけや天井全体に貼ることも可能です。

防カビ結露対策工事の工事期間は3日間で費用は天井全てに断熱シートを貼るのか?にもよります。

6帖(天井長さ3.6m✕巾2.7m)税抜9万円台(結露する外壁側天井のみの防カビ結露対策工事)~12万円台になります。(既存壁紙剥がしから吸放湿壁紙張りまで含みます)

築古集合住宅の天井コンクリート下地の結露によるカビでお困りの時はプレモまで問い合わせください。
埼玉・東京に対応しています。千葉や神奈川の一部地域に対応出来る地域があります。
まずはお気軽に問い合わせ・相談ください。

----------------------------------------------------------------------
有限会社プレモ
〒362-0062
埼玉県上尾市泉台3-17-28
電話番号 : 090-4023-4337(担当:山田)


埼玉で部屋のカビ対策なら

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。