有限会社プレモ

埼玉の防カビ工事「有限会社プレモ」- 建築中注文住宅の床下も注意が必要

お問い合わせはこちら

ブログ

建築中

建築中注文住宅は雨水によるカビが多発している

実は建築中注文住宅の床下はカビやすいということをご存知でしょうか。建築中からカビが発生していることが多いのです。建築中にも雨は降るため木材が雨水を吸って湿度が高くなれば、当然カビは発生します。カビの増殖を防ぐためには、専門的な防カビが必要です。埼玉で建築中住宅木材合板カビでお困りなら、お気軽にご相談ください。

埼玉で建築中注文住宅のカビ対策なら

隠れる合板だからカビ対策は必須と書いている訳ではありません。竣工後カビ臭い新居にしないためのカビ対策(防カビ工事)なのです。壁合板が濡れていると言うことは、フローリング下地である構造用合板…

建築中注文住宅は構造用合板や集成材などにもカビは発生します。最近では高気密高断熱の省エネ住宅が人気を博しており基礎内断熱工法のような床下を一つの部屋として考える工法も人気です。この工法は床下を密閉状態にするので、とてもカビやすい環境になります。カビが原因で建物の寿命にも影響が出てしまい、新築の劣化につながります。「大切なご自宅に長く住みたい」とお考えの方は、ぜひ弊社へお問い合わせください。弊社は埼玉県を中心に関東エリアで防カビ工事専門の会社として、長年の実績があり安心してお任せいただけます。

埼玉で建築中注文住宅のカビ対策なら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。