有限会社プレモ

埼玉で防カビ工事の専門会社をお探しなら「有限会社プレモ」- コンクリート

お問い合わせはこちら

コンクリートのカビ

コンクリートはカビやすい

concrete

リノベーション工事やリフォーム工事で解体後発覚するのがコンクリート躯体カビです。大切なお住まいの躯体にカビが発生した状態で、そのまま塞ぐのはご家族が安心して使用されるお住まい・お部屋には良くないことです。コンクリート躯体カビを出来る限りカビ取りし、​​​​​​長期間にわたってカビ発生を防ぎます。弊社では解体後のコンクリート躯体カビやコンクリート打ち放しに対し防カビ工事を行っております。埼玉を中心に、東京・千葉・神奈川のお住まい解体後のコンクリート躯体カビやコンクリート打ち放しカビでお困りのお客様はお気軽にお問い合わせください。


解体後の酷いコンクリート躯体にも対応

コンクリートは強アルカリ性だからカビが発生しないと豪語する建築会社もありますが、経年劣化したコンクリートは酸性化し湿気に弱く、リノベーション工事で解体した後コンクリート躯体にとんでもないカビを発見することがあります。

リノベーション工事ではカビをそのままに塞ぐだけの対応がなされていますが、カビを放置してはいけません。弊社では、安心安全の環境を防カビ工事を長年作り続けています。酷いカビが発生していても防カビ工事をコンクリート躯体に行うことでカビに強い躯体にします。

コンクリート躯体のカビでお困りの時は、弊社までお声かけください。埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県に対応いたします。

リフォーム工事解体後のコンクリート躯体カビにも対応

リフォーム工事で結露が酷い一室を解体することがあります。解体後に断熱材が入ってない一室のコンクリート躯体にカビが発生していることが良くあります。

カビをそのまま塞ぐのではなく、今のカビを一度リセットし再発し難くさせる防カビ工事を行う必要があります。

リフォーム工事の場合ご予算の関係もあるでしょうが、カビ臭い部屋・コンクリート躯体カビが気になる部屋に仕上がってからでは遅いので、解体時にコンクリート躯体の防カビ工事を検討ください。

リフォーム工事の解体後コンクリート躯体カビで「どうしよう」とお悩みの時は、弊社までお気軽に相談ください。埼玉中心に東京・神奈川・千葉のリフォーム工事現場からのご依頼も承っております。

コンクリート躯体黒カビには防カビ工事が必須

築30年以上の断熱材が入ってない分譲マンションや賃貸マンションに多いコンクリート躯体の黒カビ。コンクリート躯体カビは長年の結露により発生していますので、簡単なカビ取りで済む話ではなく、長年の経験が必要な時があります。

リフォーム工事の時にコンクリート躯体を発見した時は、工事を一旦止めて防カビ工事を行いましょう。お客様もカビが発生したまま壁天井を作るのは決して良いとは思わないでしょう。

弊社では効果の高いカビ取り剤・殺菌消毒剤や高い安全性の防カビ剤を使用しておりますので、工事後もご安心いただけます。埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県の地域でリフォーム工事後のコンクリート躯体カビでお困りの時は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

コンクリート打ち放しにもカビ発生

デザイナーズ賃貸マンションに多く採用されているのがコンクリート打ち放し壁です。

コンクリート打ち放しは結露によりカビが発生しやすく、場所によっては局所的なカビが発生することがあります。このようなカビはカビ臭が染み付き防カビ工事以外では再発防止することが難しいので、カビを発見した際は早めの防カビ工事をご検討くださればと思います。埼玉を中心に東京・千葉・神奈川に対応しています。

会社概要

ACCESS

有限会社プレモ

所在地
〒362-0062
埼玉県上尾市泉台3-17-28
電話番号
048-793-7148
営業時間
8時~21時
定休日
不定休
代表者名
山田 和彦 防カビ工事・消臭施工者
設立
2003年(平成15年)8月
取引銀行
群馬銀行 武蔵浦和支店 
武蔵野銀行 西上尾支店

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。