クロス壁紙のカビ対策・殺菌消毒・防カビ工事業者プレモ。 クロス壁紙の防カビ工事は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に関東一円に対応しています

部屋の壁天井のクロス壁紙に発生したカビで「困った!」を解決
クロス壁紙表面・クロス壁紙石膏ボード/コンクリート/ベニア下地・結露が酷い部屋壁天井
納戸代わり部屋壁天井・子供部屋壁天井・寝室壁天井・賃貸住宅壁天井等のカビに対応

クロス壁紙に発生するカビを防止する防カビ工事専門業者

カビ対策・防カビ工事専門業者有限会社プレモ    カビでお困りの時は有限会社プレモまで連絡下さい

HOME>クロスのカビ

クロス壁紙のカビ対策間違っていませんか?


クロス壁紙仕上げの壁天井にカビが発生する事が増えました。

気密性が高いマンションや団地などの集合住宅を中心にクロス壁紙が張られていますが

カビが発生する事が多くあります。


クロス壁紙表面や裏打ち紙に発生するカビ

クロス壁紙下地に発生するカビ

クロス壁紙やクロス壁紙下地のカビが原因で発生する激しいカビ臭

などがあり、その対応に苦慮する方が大勢います。

皆さんが行っているクロス壁紙のカビ対策は間違っていませんか?




一般の方が行うクロス壁紙のカビ対策


自分でカビ取り(殺菌消毒)作業を行う
浴室用カビ取り剤などの漂白剤を片手にシュッシュッとカビが発生しているクロス壁紙に
クロス壁紙下地に吹き付ける行為をします。(殺菌消毒が不十分)

間違った殺菌消毒でカビ再発 
クロス壁紙を剥がし漂白剤でカビ取りするも再発


浴室用カビ取り剤を代表とする漂白剤は、専門業者以外が利用すると漂白剤の臭いが
カビが発生しているクロス壁紙に浸み込み、臭いがなかなか取り切れずカビ臭以上に
悩ましい事態になるケースが少なくありません。

また、せっかく行ったカビ取り作業もカビが再発する時間が短くなるので、早期にカビ取り
作業を再びすることになり、結果的にカビの繁殖範囲を拡げてしまう結果になります。

消毒用エタノールや除菌ティッシュなどでカビ取りしてもカビ胞子を拡げるだけですので
効果は無いと思ったほうが間違いありません。


クロス壁紙のカビが酷いので剥がし放置する
クロス壁紙のカビが酷く発生しているから、思い切って剥がす方がいますが止めて下さい。
非常に危険な行為だと言えます。

クロス壁紙を剥がし石膏ボード剥き出し状態
クロス壁紙を剥がすと下地のカビが止まらない
クロス壁紙のカビが酷い為石膏ボード剥き出し状態
クロス壁紙の石膏ボード下地剥き出し後のカビ


クロス壁紙に発生している大量のカビ胞子が、剥がす際に大量飛散しますので吸い込んだり
家具や衣服に付着し、別の部屋にカビ胞子を運ぶ事があります。

また、剥がされたクロス壁紙跡には下地にカビが発生しているケースも多く、カビの集合体
(コロニーと呼びます)が繁殖し広がる事があります。
クロス壁紙で繁殖活動などを覆い隠していた点を考えると、クロス壁紙を剥がすのは早まった
行為と言われてもおかしくありません。


クロス壁紙を剥がし市販の糊付き製品を張る行為
市販されている
糊付クロス壁紙で張替えても下地からのカビが止まる事は
一切ありません。


市販糊付けクロス壁紙を張った後にカビ発生
市販クロス壁紙で張替えてもカビ防止にならない
市販糊付けクロス壁紙で張替え
市販クロス壁紙を張ってもカビ防止にはならない


酷い時は、下地からカビがクロス壁紙を突き抜けて来る事すらあります。
この様な行為は何度行っても効果はありません。


カビが発生したクロス壁紙表面に珪藻土等を塗る
カビが発生した
クロス壁紙表面にDIYで珪藻土や塗装を塗る方がいます。
これは決して行ってはいけない行為です。
2ヶ月持てば良いほうです。カビ臭が放たれ、珪藻土の表面や塗装に滲んだ染みの様な
カビが発生して来ます。
カビだらけになった珪藻土や塗装の後始末の費用が高くなります。

クロス壁紙のカビの上に珪藻土を塗りカビ発生
カビが発生しているクロス壁紙に珪藻土を塗った結果 


カビは発生し難い環境を作ることが重要です。
それを可能になるのが防カビ工事になります。
防カビ工事専門業者 有限会社プレモの防カビ工事は、徹底的なダブル殺菌消毒で
カビを滅菌し、カビの発育阻害環境を作る防カビ施工でカビが発生し難い環境を
作る工事
です。

目先の費用を惜しんだ為に、ご家族やご自身がカビが原因の病気に罹ってしまっては
自分でカビ対策した意味がありません。






建築・不動産会社が行うクロス壁紙のカビ対策


クロス壁紙の張替えだけではカビは止まらない
カビは単純なクロス壁紙張替えでは対応し切れません。
全てのクロス壁紙は「防カビ仕様」だし、クロス壁紙を張る際に使う糊も「防カビ剤入り」
なので「カビは発生しない」と話される建築・不動産会社がほとんどなのです。

それでも
クロス壁紙のカビは止まりません。
何故止まらないのでしょうか?


建築・不動産会社はどんなクロス壁紙のカビ対策をしているのか?




自分でカビ取り(殺菌消毒)作業を行う
建築・不動産業者(会社や下請けの内装職人等)では、カビがあれば浴室用カビ取り剤を
片手に持ち、カビを拭き取っている
のが実情です。
ただ、その様な行為ではカビを防止する事は出来ません。
※一般の方がやっている事と変わりありません。



珪藻土塗ってもカビは止まらない
建築・不動産業者にはカビが発生する原因を結露と断定し、結露対策をすればカビが
発生し無くなると短絡的に考える傾向があります。
そこでクロス壁紙下地が石膏ボードであれば交換するのが一般的でしょう。
そして結露対策として、断熱工事を採用したり、壁天井の仕上げ材に珪藻土を塗る事が
ありますが、それだけでカビが止まることはありません。


クロス壁紙の上に珪藻土を塗りカビ発生
クロス壁紙の上に珪藻土を塗ってもカビ対策ならない


むしろ珪藻土等では、気密性を上げた為に湿気が逃げ難くなり表面にカビが発生する
ケースが増えているのです。
クロス壁紙下地がコンクリートならどうするでしょうか?
スタイロベニアの様な結露防止板的な建材を使い、対応されるのでしょうがカビが発生
要因は結露(水分)だけではありません。


クロス壁紙張替えだけでカビが止まる事は無い
下請けの内装職人だと、
クロス壁紙下地にカビが発生しても張替えのみに
徹しています
からカビを防止することは難しいと言えます。
※アルコール系の薬剤でカビを防止する様な事をしても揮発性及び持続性が無いので
再発を防ぐ事は難しいと言えます。

クロス壁紙張替えて短期間で下地からカビ発生
クロス壁紙張替え後2週間も持たずにカビ再発
リフォーム後4ヶ月以内でクロス壁紙下地からカビ大量発生
リフォーム済み中古マンション購入後4カ月でカビ発生


早い時には、
クロス壁紙張替えて4日目でカビが発生する事案もありました。
上記の写真も比較的早い時期に下地からカビが再発しています。
(下地に対して徹底的な殺菌消毒と防カビ処理がなされていない証拠)

建築・不動産業界では、カビを止めるには解体交換、湿気を止める事が全てであり
その行為がカビ防止に繋がると昔から考えて行動しています。

それではカビ防止する事は出来ません。
何故ならば、建材にカビ防止する防カビ効果が無いからです。
建物内外に発生する57種類のカビのうち3〜5種類が止まれば

防カビ剤・防カビ仕様になるのがJIS規格です。

JIS規格を基に考えると、最大54種類のカビが防止出来なくてもOKになりますので
カビを防止するには弱すぎます。

カビ防止するには、カビが発生し難い環境を作るのが必須です。
専門の防カビ工事は、カビが再発し難い環境を作ります。







部屋のクロス壁紙のどこにカビが発生するのか?


クロス壁紙が張られている壁天井のどこにカビは発生するのでしょうか?


家具の裏のクロス壁紙

床から70cm位までの高さのクロス壁紙 →70cmは あくまでも目安です

壁と壁が合わさる入り隅付近(部屋の隅などにある内側に凹んだ面)

天井と壁の合わさる廻り縁付近

腰窓や出窓、天窓の下や周り

結露が多く発生する掃出し窓  ※掃き出し窓=ベランダにまたいで行ける大きな窓


吸気口の周り


結露の多い玄関ドア付近のクロス壁紙


マンション等で見られる、天井や壁のクロス壁紙下地がコンクリート
  
温度差と高い湿度による結露が原因で露天温度に達するケースがほとんど



それでは、
クロス壁紙の壁天井・表面/下地のどこにカビが発生しているのか?をご覧下さい。



クロス壁紙(表面/下地)カビ発生写真


マンション吸気口周辺のクロス壁紙のカビ
リフォーム後短期間でクロス壁紙下地からカビ発生
クロス壁紙張替えて3ヵ月でカビ再発
マンション吸気口廻りのクロス壁紙表面のカビ
吸気口周りのクロス壁紙表面のカビ(一部裏側から発生有)


クロス壁紙裏側からのカビ(滲んだ様に見えるカビ)
腰窓周辺クロス壁紙下地からのカビ
クロス壁紙裏から墨汁を滲ませた様な染みに見えるカビ
激しい結露で発生したクロス壁紙裏からのカビ
激しい結露でクロス壁紙裏側発生しているカビ


クロス壁紙石膏ボード下地のカビ
腰窓周辺のクロス壁紙石膏ボード下地のカビ
腰窓周辺のクロス壁紙の石膏ボード下地のカビ
洗面所クロス壁紙の石膏ボード下地大量のカビ
洗面所クロス壁紙の石膏ボード下地大量のカビ


クロス壁紙コンクリート下地のカビ
クロス壁紙コンクリート下地に発生しているカビ
クロス壁紙コンクリート下地のカビ
クロス壁紙コンクリート下地入隅に発生しているカビ
結露し易い入隅のクロス壁紙コンクリート下地のカビ


玄関ドア周辺のクロス壁紙のカビ
結露による玄関ドア周辺のクロス壁紙のカビ
玄関ドアの結露によるクロス壁紙のカビ
結露による玄関ドア周辺のクロス壁紙に発生しているカビ
玄関ドア及び枠の結露によるクロス壁紙下地からのカビ 


クロス壁紙入隅(壁と壁が合わさった箇所)のカビ
マンション入隅に発生しているクロス壁紙のカビ
クロス壁紙のカビで最初に発生し易い入隅のカビ
クロス壁紙の結露により発生する入隅のカビ
クロス壁紙の結露により発生する入隅のカビ


クロス壁紙廻り縁(壁と天井の合わせ目)のカビ
壁と天井の合わせ目のクロス壁紙に発生しているカビ
壁と天井の合わせ目のクロス壁紙に発生しているカビ
クロス壁紙天井側に多く発生している廻り縁のカビ
クロス壁紙天井側に多く発生している廻り縁のカビ


腰窓付近の壁クロス壁紙に発生しているカビ
腰窓や出窓周辺のクロス壁紙に発生するカビ
腰窓や出窓周辺のクロス壁紙に発生するカビ
腰窓周辺のクロス壁紙裏から発生しているカビ
腰窓周辺のクロス壁紙裏から発生しているカビ


家具置き続け移動後に発覚したクロス壁紙カビ
長い間家具を置き続け移動後発覚したクロス壁紙のカビ
長い間家具を置き続け移動後発覚したクロス壁紙のカビ
クロス壁紙裏と石膏ボード下地に発生しているカビ
クロス壁紙裏と石膏ボード下地に発生しているカビ 





内装・建築不動産業界も知らない防カビ工事


クロス壁紙の石膏ボード・コンクリート下地、クロス壁紙表面等に発生するカビはカビ取りだけでは
再発しますので、手間も費用もかかりますがクロス壁紙下地や表面のカビは専門の防カビ工事
で再発し難くさせる事が何よりも重要です。

実際にどのような防カビ工事を行っているのか?の一部をご紹介させて頂きます。

クロス壁紙の防カビ工事施工例


クロス壁紙表面の防カビ工事 
マンション吸気口周りに発生したクロス壁紙表面のカビ
マンション吸気口周りに発生したクロス壁紙表面のカビ
吸気口周りのクロス壁紙表面防カビ工事後
吸気口周りのクロス壁紙表面防カビ工事後
   
腰窓下壁のクロス壁紙表面のカビ
腰窓下壁のクロス壁紙表面のカビ 
腰窓下壁のクロス壁紙表面防カビ工事後
腰窓下壁のクロス壁紙表面防カビ工事後 
   
クロス壁紙の入隅表面に発生したカビ
クロス壁紙の入隅表面に発生したカビ 
 クロス壁紙入隅表面防カビ工事後
クロス壁紙入隅表面防カビ工事後
   
出窓天井クロス壁紙表面に発生したカビ
出窓天井クロス壁紙表面に発生したカビ 
 出窓天井クロス壁紙表面防カビ工事後
出窓天井クロス壁紙表面防カビ工事後
   
壁クロス壁紙表面に発生したカビ
壁クロス表面に発生したカビ 
 壁クロス壁紙表面防カビ工事後
壁クロス壁紙表面防カビ工事後


クロス壁紙石膏ボード下地の防カビ工事
腰窓下壁のクロス壁紙石膏ボード下地のカビ
腰窓下壁のクロス壁紙石膏ボード下地のカビ
腰窓下壁のクロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後
腰窓下壁のクロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後
   
洗面所壁天井クロス壁紙石膏ボード下地のカビ
洗面所壁天井クロス壁紙石膏ボード下地のカビ
洗面所壁天井クロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後
洗面所壁天井クロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後
   
壁クロス壁紙石膏ボード下地に発生した大量のカビ
壁クロス壁紙石膏ボード下地に発生した大量のカビ
壁クロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後
壁クロス壁紙石膏ボード下地防カビ工事後


クロス壁紙コンクリート下地の防カビ工事
壁クロス壁紙コンクリート下地に大量発生したカビ
壁クロス壁紙コンクリート下地に大量発生したカビ
壁クロス壁紙コンクリート下地防カビ工事後
壁クロス壁紙コンクリート下地防カビ工事後
   


防カビ工事は、内装業者・ハウスクリーニング業者・塗装業者とは違います。
カビが発生し難くさせる環境を作るのが仕事になります。
お住いや別荘、施設などのクロス壁紙のカビ対策に防カビ工事は適しています。
クロス壁紙表面や下地に徹底的なダブル殺菌消毒を行いカビを滅菌し
クロス壁紙表裏側・クロス壁紙下地にも防カビ効果を付加させる事で
快適な住環境等を作る事が出来ます。





有限会社プレモのクロス壁紙防カビ工事

有限会社プレモでは10年以上防カビ工事を専門業者として行っております。

現在は、カビの殺菌消毒に力を注いでおります。
以前は2種類ほどだった殺菌消毒剤も、現在は5種類に増え、更に活性化・効果を増す
手法で様々なクロス壁紙表面並びにクロス壁紙下地に発生するカビ殺菌消毒を行って
います。

【有限会社プレモの防カビ工事とは】
殺菌消毒剤は現在5種類使用しています。(中心になるの薬剤が2つ)
2つの中心となる殺菌消毒剤を使用する施工を
ダブル殺菌消毒と呼んでいます。
薬剤を使用する際は、外気温や車中の温度湿度を考え、時には活性化・濃度変更・等を図り
より強力なダブル殺菌消毒を行うようにしています。

ダブル殺菌消毒のクロス壁紙下地防カビ工事の効果について

           施工開始

殺菌剤A施工   


殺菌剤B施工   


防カビ施工   


殺菌剤A施工  殺菌消毒を行い色素を取り除く+カビの滅菌作業(効果は長く続かない)
殺菌材B施工  殺菌剤Aより効果が5倍以上あり、強い滅菌をする事で強力効果(長く持続する)
防カビ施工    ダブル殺菌消毒は年単位で継続出来ない為防カビ施工で防カビ効果持続
(重要)
工事現場の施工箇所環境により、各薬剤の持続効果が変わる点をご承知下さい。

この3つの方法がクロス壁紙下地の防カビ工事になります。
クロス壁紙の場合、クロス壁紙を張る際の糊や内装用パテにも防カビ処理を施し仕上げます。

以上がクロス壁紙張替えに伴う防カビ工事になります。(スタンダードコース)
その上の防カビ工事もあります。
クロス壁紙を張り終えた別の日に、表面に防カビ施工を行う方法があります。
この防カビ施工にはスタンダードとストロングの2種類があります。


有限会社プレモの行うクロス壁紙防カビ工事方法の種類
◯クロス壁紙張替えに伴う防カビ工事(下地とクロス壁紙裏面に防カビ効果)  
スタンダード
◯スタンダードコースの後にクロス壁紙表面に防カビ施工         
プレミアムレギュラー ※1
◯プレミアムのクロス壁紙表面の防カビ施工の強力版         
  プレミアムストロング  ※1
 (ストロングのクロス壁紙表面防カビ施工の薬剤はプレミアムレギュラーとは濃度が違う薬剤を使用)

※1 プレミアムレギュラー、ストロングのいずれもクロス壁紙のカビ3年保証対象工事です。
    保証対象工事の場合は免責事項があります。ご希望の際は下見時にお聞き下さい。
※1 クロス壁紙の種類によっては防カビ工事が適さない製品があります。
    珪藻土/汚れ防止・ペット対応(いずれも表面がフィルムラミネート加工)等

内装業者を手配出来る賃貸管理会社、クロス壁紙を張替え出来る内装業者等からの依頼
では、クロス壁紙下地の防カビ工事のみに徹しています。





クロス壁紙のカビで困った時はこちら
電話の問合せの方はこちらからお願いします
048-793-7148
下見については無料地域・有料地域があります(個人・法人問わず)
下見料金については会社概要ページから参照下さい

メールでの問い合わせはこちらをクリック下さい。


防カビ工事対応地域は下記の通りです。

【クロス壁紙張替えに伴う防カビ工事】

埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県を中心に茨城県・群馬県・栃木県

に対応しています。


【関東以外の地域】

新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県のクロス壁紙の下地に
対しての防カビ工事に対応しています。
※目安として、2部屋壁天井(70u)〜

※冬季の間伺えない地域がありますので事前確認下さい。





クロス壁紙張替え時に防カビ工事の採用を!


クロス壁紙張替え時
が防カビ工事を行う最大のチャンスです。

プレモのクロス壁紙防カビ工事は、
クロス壁紙下地に強力なダブル殺菌消毒を行い
カビの滅菌作業に取り組み、裏表側に防カビ処理を施し防カビ性能を高め
ています。

クロス壁紙張替え時であれば下地やクロス壁紙裏側に防カビ処理を施す
事可能になります。


クロス壁紙表面防カビ工事は、クロス壁紙裏側からのカビが発生していなければ工事可能です。
カビで汚れているクロス壁紙も見違える様にキレイになります。
※汚れ防止/ペット対応/珪藻土/色柄物等の機能性クロス壁紙は撥水効果や珪藻土を落とす事
になります、色柄物は脱色する可能性がありますので表面防カビ工事は不可となります。

(分かり難い箇所でのサンプルテストを行う事をお勧めします)

賃貸管理会社等では下請け内装業者がおられる事がほとんどです。
賃貸クロス壁紙のカビが明らかに酷い場合、入居中のカビクレーム、退去後のカビが酷い部屋
では防カビ工事専門業者としてクロス壁紙下地のみの工事に徹しています。
(内装業者は管理会社にて手配下さい)



間違ったクロス壁紙のカビ対策がネットを中心に横行しています。
カビの発育阻害環境が出来ないリフォーム、間違った殺菌消毒が多くネットを支配しています。
今の時代は、どの情報が正しいのか?を見極める時代です。
あり得ないカビ対策が横行していますので、是非皆さんの眼で正しい情報の選択をお願いします。

カビが発生し難い室内を作り、カビが原因の病気に罹り難い室内環境を作りましょう。
クロス壁紙張替え時に是非防カビ工事をご検討下さい。


そろそろ、クロス壁紙の張替え時期をお考えの皆さん、クロス壁紙のカビが目立つ
と思っている皆さんからのお問合せをお待ちしています。

防カビ工事専門業者 有限会社プレモは、クロス壁紙の防カビ工事
によるカビ対策は埼玉県・
東京都・神奈川県・千葉県を中心に群馬県・栃木県・茨城県の関東一円に対応しています。


このページTOPへ戻る

                                Copyright (C) 2007-2016 Premo.Ltd. All rights reserved.   
有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県に対応しています
新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県は戸建床下・大量のカビ・新居建築中のカビ・漏水事故後のカビ等に対応しています