建築中のカビに対応する防カビ工事専門業者プレモ  防カビ工事は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県に対応しています。


建築中新居の木材や竣工後床下のカビやカビ臭で「困った!」を解決
建築中の新居が大雨で濡れてカビが発生・建築途中新居が台風等で浸水しカビ発生
建築途中新居床下に大雨が入ってカビ臭いカビ発生・竣工後のカビやカビ臭等に対応

新居建築中や竣工後に発生したカビを防止する工事専門業者

        

HOME>新築中のカビ

新居建築中にカビが発生する事例が増えている


新居を注文住宅で建築、しているにも関わらず

新居建築中にカビが大量発生する事例が減りません。


建築会社であれば、誰も施主様の新居にカビを発生させる事は考えません。
ですが、カビが発生してもカビを軽視しお茶を濁す程度の対応しか行わないのが
今の建築会社です。
(下請けや社員総出で床下のカビ除去を行っても再発する可能性が非常に高い)


建築会社にとっては、大した事無いカビかも知れませんし、誤魔化し切れない
カビかも知れませんが、施主様そうではないはずです。
長い間住むはずの新居がいきなりカビだらけ状態になってしまったらショックが
大きいと思います。


建築中の新居にカビが発生したら、早期に防カビ工事する事をお勧めします。
防カビ工事などをやりたくないのが建築会社です。
長い間施主様が住む新居ですから、カビ発生を早期に防止しなければなりません。
建築中のカビには、専門の防カビ工事が必須です。



では、どんな時にカビが発生する原因となるのでしょうか?


○上棟式の時に台風が来て、屋根が出来る前に濡れてしまった。

細かい白カビが発生しています

カビ除去を建築会社が行っても残る白カビ




○屋根が出来る前に、大量の雨が床下に侵入し水が抜けない。

大雨が床下に流入しカビ大発生

大雨が流入してもそのまま放置する新居




○プレカットの保管状況が良く無い為に、雨に濡れている時間が長く
集成材などが変色してしまった。

プレカットの管理や輸送もカビを発生させる原因

木材のカビ繁殖が進むと手遅れになる




○当初の工事日程とは違い、大工が入る日がまばらで工事日程が
延びてしまっている時に雨に降られてしまった。

木材の至る所にカビが発生している

カビは細かく発生している事が多い



○フローリングを貼る前の床構造材に養生をしていたら、雨が吹き込み
養生材と構造材の間に水が浸入してしまった。
など。



今の日本は、毎年台風や大雨(ゲリラ豪雨など)が発生すると、木材が
一気に濡れてしまい
乾燥をさせる事が出来ないまま工事する事例が
少なくありません。

また、現在の新築では根太レス工法が主流の為に1階床を塞ぐ事が
早い為、
大量の雨水が床下に溜まり水分が抜けない現象が発生して
しまいカビ大発生の原因になります。
床下の造りまでもが高気密高断熱化している現状(基礎断熱など)では
一度雨が侵入して来ると、水分が抜けないと言う床下環境になります。
そのような事例では、根太レス工法の構造材である
床を剥がして強制乾燥
させないと、水分が抜けない状況になります。

基礎断熱の中には、基礎内断熱としてスタイロフォーム系の断熱材を使う
建築会社が多いのですが、中には吹き付け発砲ウレタンで大量吹き付けし
人が奥まで潜り込めない事例もあるくらいです。


他にも、カビが発生して困る場所としては、柱と土台の「ほぞ」(接合箇所)
の部分にカビが発生し易くなります。

柱と土台に必要以上の水分が含まれている時に、壁下地(石膏ボードなど)を
組んで塞いでしまったら、壁の中はどうなるでしょうか?
実は、建物が完成してから「何故かカビ臭い・・・」と思う原因になります。
石膏ボードなどを剥してみると、壁の内側にカビが大量発生などという事も十分
あり得るのです。


フローリングを貼る前の構造材(合板)の上に養生をしたら合板と養生の間に雨が
吹き込んでしまい、カビが大発生した!と言う事例もあります。


屋根が出来る前に雨が大量に入り、床下に水たまりが沢山出来た事例もあります。
自然に乾燥するのを待つだけでは対応し切れない事が、床下の工法次第では実際に
発生します。(詳しくは、床下のカビを参照下さい)
この場合、時間の経過と共にカビの大量発生と言う事になります。




隠される前に防カビ工事(カビ対策)をしなければいけません!


建築業界では、上記の様な理由は「木材などにカビが発生する事は日常茶飯事」
「カビの事を気にしていたら仕事出来ない」
などの声が聞こえそうですが、施主(お客様)にとって家は一生の買い物です。
一生の買い物である“家”にカビが発生したら、どう思われますか?


施主(お客様)が、カビを発見した時の落胆ぶりはかなりのものです。
建築業者に対する信頼度も大きく失墜します。
そんな事のないように、事前の防カビ施工
が必須です。


現在新築を建築中でカビの発生にお困りの施主の皆さん・建築業者(施工会社)は
是非専門の防カビ工事によるカビ対策を検討されてみては如何でしょうか?
カビの再発防止をするには防カビ工事が第一選択です。


新居建築中のカビでお困りの際は、プレモまで電話や
メールでお気軽に相談下さい。


地元埼玉県・東京都を中心に神奈川県を含む関東一円に
対応しています。
新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県等の新居建築中
のカビにも対応しています。
※上記の地域に隣接する地域にも対応可能です。




このページTOPへ戻る

           Copyright (C) 2007-2017 Premo.Ltd. All rights reserved.           
有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県に対応しています
新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県は戸建床下・大量のカビ・新居建築中のカビ・漏水事故後のカビ等に対応しています