漏水・雨漏り・浸水のカビ対策・防カビ工事業者プレモ。 防カビ工事は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に関東一円に対応しています。

マンション・戸建・賃貸住宅の漏水・雨漏り事故後のカビで「困った!」を解決
マンション階上からの漏水事故後・マンション自宅の給湯給排水管からの漏水事故後
戸建床下漏水事故後・屋根外壁やベランダからの雨漏り事故後のカビやカビ予防等に対応

漏水事故や雨漏りで発生したカビを防止するカビ対策専門業者

         

HOME>漏水・雨漏りのカビ

漏水・浸水後のカビ被害を減らす防カビ工事


漏水事故 マンション編

漏水の場合、マンションと一戸建てで対応は変わって来ます。

マンションの場合、床下に漏水事故後発生した場合、床の解体・壁は
床から1m程は解体する必要があります。
※漏水事故被害の度合いにより解体面積は変わります。

現在のマンションは置き床工法が採用されています。
床のフローリングの下にパーチクルボードと言われる建材が敷かれていて床が出来ています。
マンションの場合は、パーチクルボードの下にはコンクリート土間があり隙間も10p程です。
キッチンや洗面化粧台下等では一般的に15p〜25p程しか高さがありません。

高さが無い(隙間が無い)床下ですから、カビ除去や防カビをする事は難しく、解体しつつ新たな
建材に防カビしてするのが必要になります。
建築業界では、最小限の解体を行い乾燥すればカビは発生しない等と言っている会社が
多く、復旧後にカビ臭や家具・洋服のカビ、カビが原因で健康被害に遭われる等の2次被害
になる事があります



   
   
   
   



漏水の問題
は、何も床下だけではありません。
階上からの漏水事故の場合、漏水事故被害が酷い場合は天井壁そして
床まで解体する事もあります。


また、
給水管・給湯管・排水管のどれが漏水事故の原因になったか?
も大きな判断材料です。


給湯管の場合、蒸気が部屋の隅々にまで流れ込み、壁や天井裏にもその被害が広がり
酷い場合は住めなくなります。

排水管の場合、生活雑排水だけでなく様々な排水がなされていますのでカビの栄養素
が豊富でカビ繁殖一層促進させてしまいます。

給水管の場合、真水だからカビが繁殖しないだろう!と考えるのは早計です。
時間差でカビが繁殖することがありますので、乾燥させるだけでなく防カビ工事を行い
カビが発生し難い環境を作ることが重要です。
漏水事故は、入居されている皆さんの健康問題も引き起こします。

漏水を軽く考えないで下さい。
現在はアレルギー疾患やカビアレルギー等をお持ちの方が沢山います。
漏水事故後に体調が悪化したという事例も少なくありません。
その為にも、
カビ除去と防カビ施工を含む防カビ工事は
漏水事故後のカビ発生を防止するには有効な手段です。


<水道設備業者様及び工事業者様へのお願い>
防カビ工事専門業者プレモでは、漏水事故後のカビ発生防止に力を注いでいます。
施工中の漏水事故、施工後の漏水事故が発生してしまった場合一時的な乾燥だけ
ではカビ発生の防止にはなりません。
マンションの場合、仮にスケルトン状態にしても躯体に水が浸み込んでいる為
復旧したらカビ臭い部屋になる事もあります。
カビが発生し、カビによる二次被害を防ぐ意味でも専門工事業者による防カビ工事
を是非ご検討頂ければと思います。




漏水事故・浸水事故 戸建て編


戸建ての漏水事故
で、圧倒的に多いのが床下の給水給湯排水管が原因です。
戸建て床下の高さがマンションと違うので対応を間違えなければカビ対策は可能です。
但し、床下の工法(気密性を持たせる、床下に暖房器具が設置されている等)が問題になったり
床下に井戸、水脈があった場合は例外となります。
※ビルや施設でいうところの、地下ピットが該当します。

戸建ての床下に水が溜まると、キッチンの床下収納が自然に持ち上がったりします。
また、漏水箇所付近の床の染みやカビ臭、水道料金の異常な請求等で発覚する事があります。

床下の漏水が発覚したら、水を抜き乾燥させ(ここで終わってはいけません)必ず防カビ工事を
する必要があります。

乾燥作業がカビ発生防止になる事はありません。
送風機で乾燥させ続ける事は、カビの胞子を飛散させ、カビ被害が拡大する事に繋がります。

防カビ工事は、カビ殺菌消毒除去作業及び防カビ施工によりしつこく
発生するカビの再発防止が可能になる専門工事です。



   
   



戸建ての場合
、漏水以外にも浸水があります。
戸建て浸水の場合、泥なども影響し床下の作業が困難を極めます。
酷いカビ発生状況になると、削り取りながら殺菌消毒作業になる事も少なくありません。

カビはしつこく再発して来ます。
人間の足の指と指の間にカビが発生すると、水虫になります。
漏水などで発生するカビは、表現は言い過ぎかも知れませんが、建物に発生する水虫
の様なものなのです。
乾燥だけさせて終わったり、費用を抑えて適当な処理をして誤魔化す工事で納得しては
いけません。

安心して住める家にする為に、漏水事故や浸水事故後の
防カビ工事は重要です。

戸建て漏水事故・浸水事故後の床下の防カビ工事専門業者
プレモに相談下さい。



<水道設備業者様及び工事業者様へのお願い>
防カビ工事専門業者プレモでは、漏水事故後のカビ発生防止に力を注いでいます。
施工中の漏水事故、施工後の漏水事故が発生してしまった場合一時的な乾燥だけ
ではカビ発生の防止にはなりません。
特に、戸建ての漏水事故・浸水事故後の場合は解体を伴う事もあると思います。
他にも、解体せずに床下や天井の感想だけで終える事もあるかも知れません
がカビは時間差で発生する事が非常に多く、施主様や御入居様からのカビ
クレームに発展する事があります。
カビが発生し、カビによる二次被害を防ぐ意味でも専門工事業者による防カビ工事
を是非ご検討頂ければと思います。




雨漏り・漏水は部屋全体にカビ対策が必要

雨漏り現場も大変難しい工事です。
雨の染みこみ方が、どこまで拡がっているのか?が分かりにくいからです。
漏水でも、雨漏りでもクロス下地の石膏ボードを指で押して穴が開かなければその石膏ボードを
再利用する事が出来ますが、壁内部に発生しているカビ自体のカビ取りを処理していませんから
カビ臭が発生する事も考慮しておかなければなりません。(詳しくはカビ臭い部屋を参照下さい)

ここで雨漏りが酷い現場の防カビ工事を紹介します。


雨漏りが原因で剥がれているクロス 雨漏りで下地の石膏ボードが崩れかかる
雨漏り周辺のクロス下地はカビだらけ カビ殺菌消毒除去後に防カビ施工
指で触ると崩れる石膏ボードは事前に張替え 張替えた石膏ボードで下地木材にも防カビ
クロスを張る為の下地処理 クロスを復旧して完了


上記の写真の場合、徹底的なカビ除去と防カビをしています。
クロス下地の石膏ボード・石膏ボードを撤去した内部・新規の石膏ボード・クロス糊に施工しています。
お客様によっては、クロス表面に防カビする事もあります。

雨漏りでも様々な現場があります。
目に見えるカビは、カビ取り・防カビすれば再発防止する事が可能になりますが、壁内部などは開口
していないのでその部分のカビ再発防止は出来ません。
雨漏りは、雨筋がどこに出来ているのか?が大きな問題になります。
※雨漏りの原因箇所の修繕してから防カビ工事をするのは当たり前の事です。
雨漏りをし続けている状態で防カビ工事をする事はありません。


雨漏りの際の一般建築では、クロスを剥しクロス下地を張替え、再びクロスを張り完了となります。
カビについては、張替えや交換すれば問題なしと考えられています。
それでは、カビ胞子があちらこちらに根付いていれば、それだけでカビ胞子の発育阻害をするのが
厳しいと言えます。
雨漏りがあった部屋は、
部屋全体の防カビ工事が必要です。


漏水や雨漏り、浸水後のカビには、早めの専門の防カビ工事
によるカビ対策が必要です。


漏水や雨漏り、浸水後のカビや復旧時のカビ対策で
お困りの際にはプレモの防カビ工事をご検討下さい。

地元埼玉県・東京都を中心に神奈川県を含む関東一円に
対応しています。



このページTOPへ戻る

          Copyright (C) 2007-2017 Premo.Ltd. All rights reserved.          
 有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県に対応しています
新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県は戸建床下・大量のカビ・新居建築中のカビ・漏水事故後のカビ等に対応しています