押入れ・クローゼット・収納のカビ対策・防カビ工事業者プレモ 防カビ工事は埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県の一部地域に対応しています

押入れ・クローゼット・収納のカビで「困った!」を防カビ工事で解決
押入れのベニア/シナベニア/押入れボード/石膏ボード/クロス壁紙仕上げ/塗料に発生するカビ
カビ取りしてもカビが頻繁に再発する押入れ・クローゼット・階段下収納等のカビに対応

押入れ・クローゼット・収納に発生するカビ・カビ臭の防カビ工事専門業者

                   

HOME>押入れのカビ対策

押入れのカビ対策間違ってませんか?


押入れやクローゼットの壁天井にカビは発生していませんか?

押入れやクローゼットに発生しているカビを自己流でカビ取りし続けていませんか?

・浴室用カビ取り剤
・消毒用エタノール
・市販のカビ取り剤(浴室用カビ取り剤と同じ成分)
・市販の防カビ剤
・お酢や重曹
・石鹸製剤
などを利用し、多くの皆さんは押入れやクローゼットのカビ取りをされています。

結果として、頑張ってカビ取りした痕跡の押入れ・クローゼットになりかねません。
また、押入れ・クローゼット内の湿度が高いからとリフォーム会社に相談したら、珪藻土を
勧められたらカビが止まらないケースもあります。

皆さんの行う、御自宅の押入れやクローゼットのカビ対策は間違っていませんか?
押入れやクローゼットのカビが再発するから放置して諦めていませんか?


【苦労して行ったカビ取り後の状況】
※カビ取りは簡単ではありません

自前でカビ取りした跡
押入れべニアが傷む程カビ取りを繰り返した結果
市販の防カビ剤を使っても取り切れないカビ臭
市販の防カビ剤を使っても取り切れないカビ臭

 
消毒用エタノールが床のWAXに反応し白濁した点に
消毒用エタノールが床のWAXに反応し白濁した点に
カビが再発する賃貸押入れ
カビが再発する賃貸押入れが使えなくなることも

 
湿度が高いクローゼット内に珪藻土を塗ったがカビ再発
湿度が高いクローゼット内に珪藻土を塗ったがカビ再発
ベニアが傷む程カビ取りを繰り返した結果
押入れべニアに痕跡が残る自己流のカビ取り


押入れやクローゼットに発生しているカビを市販のカビ取り・防カビ製品を利用しDIY的に対処
した結果、薬品臭が残留し続け体調を崩されたり、カビ胞子を大量に吸い込んで咳が止まらなく
なったり、押入れやクローゼットの壁天井が傷んだりすることがあります。

自己流のカビ取り防カビを繰り返して、押入れやクローゼットが使えない状況が続くなら専門の
防カビ工事を検討下さい。
※プレモでは臭いの少ないカビ取り・カビ除去も行っています。




プレモの押入れ・クローゼット防カビ工事


防カビ工事専門業者プレモが行う押入れ・クローゼット・収納の防カビ工事は工事期間は1日です。
プレモでは、様々な押入れ・クローゼット・収納の防カビ工事を手掛けて来ました。
ベニア(シナベニア含む)・石膏ボード・押入れボード(化粧ボード)・クロス壁紙・塗装(炭塗装)・漆喰
珪藻土などにカビが発生していて、カビ臭くて使えない状況を防カビ工事で改善して来ました。


【プレモの押入れ・クローゼット・収納 防カビ工事】
押入れに発生したカビ
賃貸マンションの押入れに発生したカビ
賃貸押入れ防カビ工事後
賃貸押入れ防カビ工事後

 
シナベニアの収納に発生したカビ
シナベニアの収納に発生したカビ
シナベニア収納防カビ工事後
シナベニア収納防カビ工事後

 
押入れボードに発生したカビ
押入れボードに発生したカビ 
カビ色素が残ることがある押入れボード防カビ工事後
カビ色素が残ることがある押入れボード防カビ工事後

 
社宅の押入れボードに発生したカビ
 社宅の押入れボードに発生したカビ
社宅押入れボード防カビ工事後
社宅押入れボード防カビ工事後

 
造り付け(括り付け)収納に発生したカビ
造り付け(括り付け)収納に発生したカビ
造り付け(括り付け)収納防カビ工事後
造り付け(括り付け)収納防カビ工事後

 
クローゼットに発生したカビ
クローゼットに発生したカビ
クローゼット防カビ工事後
クローゼット防カビ工事後

 
カビ取りしても再発する賃貸収納のカビ
カビ取りしても再発する賃貸収納のカビ
賃貸収納防カビ工事後
賃貸収納防カビ工事後

 
自前でカビ取りしても再発する収納のカビ
自前でカビ取りしても再発する収納のカビ
防カビ工事後も分かってしまうカビ取りの痕跡
防カビ工事後も分かってしまうカビ取りの痕跡

 
カビ防止を目的とした炭塗料に発生したカビ
 カビ防止を目的とした炭塗料に発生したカビ
炭塗料収納防カビ工事後
炭塗料収納防カビ工事後

 
クローゼット内に珪藻土を利用したらカビだらけに
クローゼット内に珪藻土を利用したらカビだらけに
珪藻土からクロス壁紙に仕様変更防カビ工事後
珪藻土からクロス壁紙に仕様変更防カビ工事後

 

カビの繁殖(浸食具合)が進むと、建材表面から時には裏側からも
入り込み殺菌消毒を行ってもカビ色素が取り切れないことがある
点をご理解下さい。

※プレモでは臭いの少ないカビ取り・カビ除去も行っています。
カビ色素が残る可能性が高いのが石膏ボードと押入れボードです。

ベニアは、押入れ・クローゼット・収納に一番利用されている建材です。
ベニアの中には
シナベニアなどと言われている合板がありますが、こちらの建材は
ベニア以上にカビが発生し易い建材ですのでリフォーム時に採用すると見た目が良いのですが
事前のカビ対策を万全に行う必要があります。

石膏ボードは、厚紙と厚紙の間に石膏の芯がありますので石膏までカビが繁殖して
しまうと、厚紙の上からカビ色素を取り除くのは不可能と言えます。
古い押入れや収納の石膏ボードは厚紙が防カビ工事により変色しますので対応が難しい
ことがあります。

押入れボードは、表面がツルツルしたプリント材を石膏ボードの上に貼り付けている
だけなので、プリント裏の石膏の芯までカビが繁殖していると色素が取り切れません。
また、強く擦るとプリント材が剥がれみっともなくなりますので、どこまで防カビ工事するのか?
が非常に難しい建材と言えます。
※新築マンション・新築戸建て・リフォーム時に大人気な建材です。


リフォーム時に押入れ・クローゼット・収納内の湿度が高い時、カビが発生し易い時に
珪藻土や炭塗料を勧められる事があります。

珪藻土炭塗料もカビが発生し始めると止まらなくなるのが特徴なので安易な
リフォームは避けたほうが無難です。
カビが発生した際の対処方法も確立されていません。

押入れ・クローゼット・収納に発生したカビは気がついた時、カビ被害が酷くならないうちに
防カビ工事する事をお勧めします。


結露で濡れ続ける押入れに断熱防カビ工事


カビが発生し易い押入れ・クローゼット・収納には、
防カビ工事が第一選択です。
他にも
目視出来るカビ(コロニー=集合体)は無いが、やたらとカビ臭い
押入れ・クローゼット・収納にも早期に防カビ工事する事で、カビ臭さ
を軽減または防止する事が可能になります。



他にも、冬から春にかけて結露時期を迎える度に、べニアが大きく濡れカビ取りを繰り返しても
再発する押入れがあり、問題になる時は解体して断熱補強しながら防カビ工事することをお勧め
しています。


【押入れ断熱防カビ工事】部分張替え

激しい結露が発生する押入れ
 冬〜春に発生する激しい結露が発生する押入れ
結露でベニアが波打っている状態
 結露でベニアが波打っている状態

 
底板ベニア剥がした後に元々のベニアがカビだらけ
 底板ベニア剥がした後に元々のベニアがカビだらけ
既存ベニアの上にまたベニアでカビ隠し
 既存ベニアの上にまたべニアでカビ隠し

 
剥がしたべニアの裏に発生していたカビ
 剥がしたべニアの裏に発生していたカビ
押入れ木材に発生していたカビ
 押入れ木材に発生していたカビ

 
木材に防カビ工事し側板に断熱補強
 木材に防カビ工事し側板に断熱補強
ベニア仕上げた後に再び防カビ工事
 ベニア仕上げた後に再び防カビ工事

 


押入れの断熱工事は、解体してみないと押入れの断熱状況などが分からないことがあります。
上記の写真のように、結露で濡れ続けたり、経年劣化でベニアが波打っている場合などの時は
ベニア張替えに伴う防カビ工事が必須となります。
特に、築年数の経過したマンション団地や賃貸住宅の押入れなどでは、断熱すら入れる事が
出来ないケースもあります。(既に断熱材がある→断熱効果が弱い時が該当します)


【押入れ断熱防カビ工事】全面改修(床は既存のまま)

リフォーム直後から新しいベニアにカビ発生
リフォーム直後から新しいベニアにカビ発生
既存ベニアの上に新しいベニアを貼りカビ隠し
既存ベニアの上に新しいベニアを貼りカビ隠し

 
元々のベニア裏は2pも無い
元々のベニアの裏は2cmも無い空間にコンクリートが
べニア重ね貼りを撤去するだけで時間がかかる
ベニア重ね貼りをこの状態にするまで時間がかかる

 
断熱材が無く結露し易かったので断熱補強
断熱材が無く結露し易かったので断熱補強
すのこも含め防カビ施工
今後利用するすのこも含め防カビ施工を行う

 


押入れを過去リフォームしていたなら、どのようなリフォームをしていたのか?を施主様は
知る必要がありますが、多くの施主様はリフォーム会社任せです。
その結果、リフォーム後に短期間でカビが発生することがしばしば見られます。
ベニアの上にベニアを貼り、カビを隠すカビ対策としては最悪の対応方法です。

そういう事例を減らす意味でも、
結露で悩む押入れは出来れば全面改修に伴う
防カビ工事を
ご検討頂ければと思います。
※プレモでは臭いの少ないカビ取り・カビ除去も行っています。



 

押入れのカビやカビ臭に防カビ工事を!


押入れやクローゼット、収納にカビが発生することは不思議な事ではありません。
空気が停滞し、冬〜春にかけて結露で濡れやすくなり、襖や扉の開閉が著しく少ない
場所であればカビが発生するのは当たり前の事です。

目視出来るカビやカビ臭を、自前のカビ取りで対応するには限界があります。
カビ取りを行って体調を崩す方も少なくありません。
そういう困った
押入れ・クローゼット、収納のカビ対策には専門の防カビ工事が
第一選択です。

※プレモでは臭いの少ないカビ取り・カビ除去も行っています。

マンション・団地などの集合住宅だけでなく、戸建ての押入れやクローゼット、収納(特に階段下)
のカビに悩まされる時は、是非有限会社プレモの防カビ工事をご検討下さい。


防カビ工事専門業者プレモは、埼玉県・東京都を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域に対応しています。


押入れ・クローゼットのカビでお困りの際は、電話やメールなどで
お気軽に問合せ下さい。



このページTOPへ戻る

Copyright (C) 2007-2017 Premo.Ltd. All rights reserved.   
 有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県の一部地域に対応しています