プレモは安全性の高い防カビ工事でカビ防止を行っています。防カビ工事は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に関東一円に対応しています。

住まいや施設にカビが発生して「困った!」を解決します
何度カビ対策してもカビが止まらないとお嘆きの皆様 しつこく再発するカビのクレームでお悩みの皆様

建物に発生するカビを安全性の高い防カビ施工で止め続けています!

      お気軽に御相談下さい TEL.048-793-7148 


HOME>カビを止めるには

市販のカビ取り剤の危険性      カビ対策・防カビ工事業者 有限会社プレモ


小さなカビは、皆さんでも取り除くのは可能です。
塩素系市販のカビ取り剤を使用すればカビ自体は一時的に取り除けます。
カビ取り剤は安価で使い易い印象がありますが、その対応は難しい面があるのです。
使用する時には、手袋・マスク・ゴーグルは必要です。



下駄箱内部に木材が使用されている
と非常に多く発生するカビの写真です。

この様なカビをカビ取りしても再発
して来ますので、防カビ工事が有効
です。
安易なカビ取りはカビ胞子を飛散させ
玄関にカビが発生し易い環境を作る
事になります。


 

塩素系市販のカビ取り剤の危険性を皆さんはご存知でしょうか?
「混ぜるな危険」と書いてありますが、その中味は「次亜塩素酸」は食品添加物に
指定されていますが、素手で触るとヌルヌルした感触になります。

これは、手の皮膚が溶けている為と言っても過言でないでしょう。
しかも、十分な換気をしていないと目が痛くなり喉がヒリヒリしてきます。
つまり、「混ぜなくても危険」なのです。

浴室にカビが発生したら、3〜4日に一度はこのような事を繰り返さないといけません。
どれだけ危険か?お分かり頂けますでしょうか!

プレモの防カビ工事は、この様な危険性の高い工事を繰り返し行っています。
カビを止めるには、専門施工が必要になります。

家の中で言えば、下駄箱・浴室・畳・押入れ・クロス(壁紙)・無垢の木材・床下・屋根裏
などさまざまな場所にカビは発生します。
そしてそれぞれ、カビを止める方法が違います。

カビの発生を長期間止めるには、カビに対する知識・技術・道具、そして
確かな工法が必要になります。





カビを長期間防止する防カビ工事    カビ対策・防カビ工事業者 有限会社プレモ


安心と実績の防カビ工事

プレモが行っている防カビ工事は、カビの発生を長期間防止しお客様の安心と安全を
お届け出来、長い実績を作り上げています。



断熱材の無い住宅のカビ
断熱材の無い住宅

防カビ施工後2年間カビの発生無し
2年間カビの発生は無し
カビで充満している和室の天井に防カビ処理4年目の経過写真
カビを防止して4年目の和室天井
カビで充満している和室の天井に防カビ処理7年目の経過写真
カビを防止して9年目を経過しています 
床下収納フタに発生したカビ
床下に水が溜まっている収納蓋のカビ
床下収納フタに防カビ施工後1年経過写真
防カビ施工後 1年経過カビ発生無し
家の床下に発生したカビ
床下の木材に発生しているカビ
家の床下に防カビ施工後1年経過写真
防カビ施工後 1年経過 カビの再発無し
小屋の藻を6年間止め続けている経過写真
発生を止め難い「藻」を6年間止めています
建物の基礎に発生した藻を6年間止め続けている経過写真
建物の基礎に発生した「藻」を6年止めています


プレモは、安全な防カビ工事を実施しております。

防カビ施工経過写真は防カビ工事の効果の証でもあります。
防カビ工事の忌避効果でカビや細菌を寄せ付けなくさせます。

塩素系カビ取り剤と違い、安全に使用する事が出来ます。
また、長期間効果が持続しますので非常に経済的です。

市販のカビ取り剤で長期間カビを止めようとしたら、何本買い続けますか?




防カビ施工 9つの特長


プレモが採用している防カビは9つの特長があります。

1)PRTR法及び労安法における916の化学物質を含有しません。
 ※PRTR法…特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の
          促進に関する法律。
  労安法 …労働安全衛生法(健康障害を生ずるおそれのある化学物質
         (有害物)が対象)

2)MIC値(最小発育阻止濃度)が安定している。
  MIC値は、防カビ剤を何ppm添加すれば菌の発育・発生を阻止出来るか?
  を表す値です。
  その値は小さければ小さい程、菌に対する薬効が高いと言えます。

3)カビ抵抗試験:28日間でカビ発生無し。

4)建築物から発生する57菌全てに有効(世界微生物災害防止学会承認)を含む
  200菌以上に効果があります。同時に25種類の藻についても防止出来ます。

5)複合合成薬剤のため、従来品に比べ耐性菌が出来にくい。
  O-157・サルモネラ菌・MRSAなどに効果が認められている。

6)浸透力に優れ(プラスターボードで約5〜6mm)、流出量が少ない。

7)長期間効果が持続し、人体及び環境に安全である。

8)日常生活菌(カビ・細菌)全てに有効である。

9)1つで「防カビ・抗菌・防藻・防腐」の効果が得られる。

皆さんは、建物の内外に57種類もカビがあるのをご存知でしたでしょうか?

次に、防カビの高い安全性と確かな信頼に基づいて施工されているその理由を
データとしてまとめたものです。





データが教える高い安全性


    LD値 経口毒性試験 
 防カビ剤   LD50 20,000mg/kg以上
 食塩   LD50  4,500mg/kg
 カフェイン   LD50  1,950mg/kg
 合成界面活性剤(AS)   LD50   900mg/kg

LD値経口毒性試験表
       
※LD値とは…
  LD値とは、ラットやマウスを使い口から強制的に投与し、2週間で動物の
 半数が致死した投与の量を体重1kgで換算したものです。
 数字が低いほど毒性が強い。
 体重10kgの乳幼児なら、換算すると誤って200g飲んでしまっても死亡しない
 という値です。
(現在公的機関では限界値 20,000mg/kgを限界としている

〔(財)日本食品分析センターによる結果〕
 1. 変異原性試験 → AMSE陰性
 2. ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験 → 差異無
 3. マウスを用いた急性経口毒性試験(限界試験)
   → LD5020,000mg/kg以上(死亡無し)
 
 4. O-157抗菌力試験 ベロ毒素 → 有効
 5. MRSA抗菌力試験 → 有効
 6. カビ抵抗性試験 JIS準拠 → 有効
 7. ダイオキシン・フラン検出試験 28項目 → 検出無


 
ダイオキシンやホルマリン等の有害化学物質を含みません。




使用条件

   温    度        -60℃〜390℃     
   溶 出 度     3ppm程度  
   有 効 P H    1〜14PH  
   薬    状    水系、溶剤系、粉末、マスターバッジ     

溶出度: 2m/秒の水流、24時間当りの流出量を28日テストした結果




安全で効果的な防カビ         カビ対策・防カビ工事業者 有限会社プレモ



クロス対するカビの発生を抑えた試験写真


◆試験菌活性確認

試験開始前10日間の培養による(元気な若いカビ菌にするための培養)


◆接種

湿式法による試験菌混合胞子懸濁液直接接種。


◆培地

クロラム フェニコール等の抗生物質無添加。
ポテト デキストローズ アガー(PDA)


◆シャーレ

角型シャーレ


◆培養器と培養条件

温度・湿度サーモスタット付きサーキュレーター。
温度:30℃±5℃   変換時 24℃〜35℃
湿度:95℃±5%RH 変換時 90%RH以上
風速:60cm/sec


◆サーキュレーター内の確認

培地に木綿の紐を浸し、サーキュレーター内に吊るし資料と同一条件
の接種を行い、サーキュレーター内が菌の発育に適している事を確認。


◆培養期間: 28日間


持続時間: 5〜7年に相当

 ※防カビ工事を行う環境により、防カビ効果持続時間が変化します。


<上記写真の解説>

温度24℃〜35℃、湿度95%、風もある条件下で28日間培養
した結果です。
普通こんな条件では、28日間も持ちません。

銀等と違い完全に接触していなくても防カビ効果が届きます。

クロス壁紙の糊が壁紙の裏打ち紙と下地(石膏ボード、モルタル等)に
接触している為、裏面のカビを防止します。

また、糊がジェル状の時に壁紙に浸透する為防カビのハロー
(生育阻止円)や菌の情報伝達作用により表面のカビも防止
する事が可能になります。

壁紙の糊に添加するだけでも防カビ効果が得られていますが
重ねる事で効果が強まります。

その為、
下地+内装用パテ・糊に添加+上塗りという4段階
に施工する事で超強力な防カビ効果となります。






防カビ工事の対応箇所は?      カビ対策・防カビ工事業者 有限会社プレモ


  工事場所  主な工事箇所
和室
 畳・押入れ・障子・襖・壁(クロス/左官仕上)・天井・木部 他
洋室  壁・天井(クロス他)・フローリング目地・木部・クローゼット 他
家具
 家具の背面・引き出し・内部 他
 その他  タイル目地・塗装面・すのこ 他
屋外  屋根・外壁塗装・石材・コンクリート・レンガ・ブロック等の
 防藻(塗装)施工

特殊な場所

 
 浴場・ホテル等の宿泊施設・漏水現場・床上床下浸水
 戸建ての床下・小屋裏 他

戸建て・マンションの新築・築年数経過物件を問わず、別荘や
施設等のカビ発生を防止する防カビ工事は、データで示されて
いる通り高い安全性と多くの実績を持っています。

カビでお悩みの事ありましたら、プレモまでお気軽にお問合せ下さい。
プレモは、地元埼玉県・東京都を中心に神奈川県を
含む関東一円に対応しています。

遠方の方もお気軽に相談下さい。


このページTOPへ戻る

              Copyright (C) 2007-2017 Premo.Ltd. All rights reserved.                 
有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県に対応しています
新潟県・長野県・山梨県・静岡県・愛知県は戸建床下・大量のカビ・新居建築中のカビ・漏水事故後のカビ等に対応しています