壁・天井のカビは埼玉・東京の防カビ工事専門業者プレモ 

埼玉県・東京都を中心に千葉県・神奈川県も対応する防カビ工事実績14年の専門業者
壁天井のクロス壁紙・塗装・コンクリート打ち放し
コンクリート下地・石膏ボード・合板・ケイカル板
珪藻土・漆喰・京壁・砂壁などの左官壁のカビに対応
壁・天井四隅などに発生するカビで「困った!」を解決
       

HOME>壁・天井のカビ

壁天井のカビを防止するには


壁天井の四隅外壁側の壁天井
にカビが発生することがあります。

外壁側の壁天井は気温差が激しく結露も発生
しますので、どうしてもカビが発生する機会が
増えるのです。


壁天井には様々な建材が利用されています。
クロスは一番多い建材です。
賃貸住宅から分譲マンションや戸建まで広く

利用されています。

詳細はクロスのカビを参照下さい。

壁天井には、クロス以外でも色々な建材が
利用されています。

塗装
珪藻土(珪藻土パネル含む)
漆喰
板張り
コンクリート
石膏ボード(ジプトン天井含む)
砂壁

などです。


室内の壁天井に発生したカビ状況とは

どのようなものなのでしょうか?
実際に写真を見ながら、皆さんの部屋に発生

しているカビと同じか見比べてみて下さい。


<塗装のカビ>  
塗装壁のカビ塗装壁のカビ 浴室塗装のカビ
浴室塗装のカビ
   
   

塗装は良くカビます。

塗料缶に「防カビ剤入り」と書かれていますが
防カビ効果は期待してはいけません。
JIS規格ですから、建物内外に発生する57種類
のカビの内3〜5種類止まれば「防カビ剤」と

して認定されるのです。


<珪藻土・珪藻土パネルのカビ>  
DIYで塗った珪藻土カビ
DIYで塗った珪藻土カビ
柔らかい珪藻土カビ
柔らかい珪藻土カビ
   
外壁側に発生した珪藻土カビ外壁側に発生した珪藻土カビ  固めの珪藻土カビ
固めの珪藻土カビ
   
珪藻土パネルカビ
珪藻土パネルカビ
リフォーム1ヶ月後珪藻土パネルカビ
リフォーム1ヶ月後珪藻土パネルカビ
   
   

珪藻土は非常に良くカビます。

珪藻土には2種類あります。
柔らかい珪藻土・固い珪藻土。

柔らかい珪藻土は爪を立てると跡
が残り、手触りはスポンジのように
感じます。
(バインダー比率が低い珪藻土は
吸湿性に富みカビやすい傾向が
あり、柔らかい珪藻土のように爪跡
が残ります)
※バインダーとは、糊・骨材・セメント
の接着剤を言います。

固い珪藻土は、爪を立ててもビク
ともしないコンクリートのような印象
を持つような固さがあります。
※バインダー比率が高い。

プレモでは、柔らかい珪藻土は基本
掻き落としてクロス仕様に変更する
際の防カビ工事を行っています。

固い珪藻土は、表面に防カビ工事
しています。

珪藻土は湿気を取り込みカビが発生
すると一気にカビが増えます。
その際のカビ臭は逃げ場を失うくらい
凄まじいので健康被害にご注意下さい。


リフォームで人気の珪藻土パネル
(焼成パネル)も実は条件が整うと
カビが発生します。

珪藻土パネルを貼る壁下地処理を
行わない。
結露が酷い場所で使う。
コンクリート躯体に直貼りする。

そのようなケースで珪藻土パネルを
貼るとカビが発生することがあります。
ご注意下さい。


<漆喰のカビ>  
漆喰壁のカビ
漆喰壁のカビ
家具裏の漆喰壁のカビ
家具裏の漆喰壁のカビ
   
   

漆喰壁もカビます。

漆喰壁は原料が消石灰。
塗った時は強アルカリ性を示す
のでカビも発生し難いのですが
アルカリ成分が抜け始めると少し
ずつカビが発生しやすい状況に
なります。

漆喰壁の場合、カビが繁殖し過ぎる
と防カビ工事の際の殺菌消毒を行って
もカビ色素を全て除去することは出来
ないことがあります。

漆喰壁は早い時点での防カビ工事が
重要とお考え下さい。


<板張りのカビ>  
別荘浴室板張りのカビ
別荘浴室板張りのカビ
浴室板張りのカビ
浴室板張りのカビ
   
   

板張りで多いのが別荘室内
浴室になります。

浴室の板張りは確実にカビます。
事前のカビ対策が行き届いても
定期的なメンテナンスが必須になる
ほどです。

板張りの奥までカビが繁殖してない
状況であれば、板張りを傷まさせず
に防カビ工事することが可能になり
ます。
※板張りの奥にカビが繁殖している
場合は、カビ色素は残りますが現状
よりも繁殖しないよう防カビ工事する
ことは可能です。
ただ、難易度が非常に高い防カビ工事
ですのでご理解頂ければと思います。


<コンクリートのカビ>  
コンクリート天井のカビ
コンクリート天井のカビ
コンクリート打ち放し壁のカビ
コンクリート打ち放し壁のカビ
   
   

コンクリートはカビます。
打設した直後から数年はカビ難い
強アルカリ性を保ちますのでカビが
発生することはほとんどありません。
※漏水事故・浸水事故などがあると
打設したばかりのコンクリートもカビ
が発生することがあります。

コンクリートはクロス下地もあれば

打ち放し仕上げもあります。

結露や湿気が逃げ難いなどの条件
が整うとコンクリートと言えどもカビが
発生してしまいます。

特に、デザイナーズマンションや住宅
などでは良く目にする光景です。



<石膏ボード・ジプトンのカビ>  
石膏ボードのカビ
石膏ボードカビ
ソーラトン天井カビ
ソーラトン天井カビ
   
   

石膏ボードやジプトン(ソーラトン含む)
は非常にカビやすい。

湿気を取り込みやすく、カビが異常発生
するので湿気が多い場所や温度差の激しい
箇所は事前のカビ対策が必須です。

石膏ボードには耐水ボードという水に
強いボードがありますが、こちらもカビて
しまいます。

石膏ボードはクロス下地に使われるのが
一番多いと思われます。
石膏ボード仕上げの収納もありますが
かなり高い確率でカビが発生してしまう
ので定期的なカビ対策が必須です。

ジプトン天井やソーラトン天井は事務所や
店舗に利用されていますが、エアコンの
温度差でカビが発生することが多いこと
があります。


<砂壁のカビ>  
砂壁のカビ
砂壁のカビ
強烈なカビ臭を感じる砂壁のカビ
強烈なカビ臭を感じる砂壁のカビ
   
   

砂壁は10年前後でカビが発生する
ことがあります。

砂壁のカビは強烈なカビ臭を放つ
こともあり、カビが原因の病気に
罹ることすらあるので、砂壁のカビ
を軽視してはいけません。

賃貸などでは、カビが発生した砂壁
の上にベニアを張りクロス仕上げに
することもありますが、臭いものに蓋
ですので絶対にやってはいけない
行為と言うことを知って頂ければと
思います。

和室は昨今の住宅事情では減りつつ
あります。

和室砂壁のある住宅の場合、築20年
程度が多く経年劣化でカビが発生する
ことがほとんどです。

プレモでは砂壁を掻き落としてクロス
仕上げに仕様変更する際の防カビ工事
をお勧めしています。
※砂壁掻き落とし後にベニアを張り
クロス仕上げということも行っています。



壁天井のプレモ防カビ工事

壁天井の様々な建材に発生したカビ
を出来る限り死滅させ、カビが再発し
難くさせるプレモ防カビ工事をご紹介
します。

<塗装浴室防カビ工事>  
塗装浴室のカビ
塗装浴室のカビ
塗装浴室殺菌消毒後
塗装浴殺菌消毒後
   
塗装浴室のカビA
塗装浴室のカビA
塗装浴室殺菌消毒後A
塗装浴室殺菌消毒後A
   
防カビ塗装完了後
防カビ塗装完了後
防カビ塗装完了後A
防カビ塗装完了後A
 
   

塗装浴室はカビが発生しやすい

環境にあります。

蒸気に満ちている環境では塗料でも
カビが発生しまいます。

世の中で一番カビやすい場所が塗装
浴室と言っても過言ではありません。

一番行ってはいけないのが、カビが発生
している塗装に上塗りすることです。
上記写真のように、殺菌消毒を行って
もカビ色素を除去出来難くしているのは
塗装の上塗りです。


プレモでは、徹底的なダブル殺菌消毒
により、カビ色素の漂白脱色と出来る

だけカビを死滅させる作業を行った後

防カビ塗装を行っています。
※防カビ塗装は、塗料に特別な防カビ剤
を混入した塗料を使い塗装することを言い
ます。


<塗装室内防カビ工事>  
塗装壁のカビ
塗装壁のカビ
塗装壁殺菌消毒後
塗装壁殺菌消毒後
   
塗装壁のカビA
塗装壁のカビA
防カビ塗装後
防カビ塗装後
   
塗装壁のカビB
塗装壁のカビB
塗装壁殺菌消毒中
塗装壁殺菌消毒中
   
防カビ塗装後A
防カビ塗装後A
防カビ塗装後B
防カビ塗装後B
   
   

5年6ヶ月カビ発生無し
という現場です。

殺菌消毒でカビ色素の漂白脱色
とカビを出来る限り死滅させる
作業を行いました。

通常の防カビ塗装の前に抗菌
コーティングである防カビ施工は
行わないのですが、カビ繁殖状況
を考え行いました。

防カビ塗装で仕上げとなります。
一般の塗装と同じく、シーラー塗装
中塗り・仕上げ塗りと塗装を繰り返し
終えています。


<柔らかい珪藻土防カビ工事>  
柔らかい珪藻土壁のカビ
柔らかい珪藻土壁のカビ
柔らかい珪藻土掻き落とし
柔らかい珪藻土掻き落とし
   
掻き落とし後下地防カビ工事
掻き落とし後下地防カビ工事
クロス張りで防カビ工事完了
クロス張りで防カビ工事完了
   


<固い珪藻土防カビ工事>  
カビ臭を伴う固い珪藻土カビ
カビ臭を伴う固い珪藻土カビ 
固い珪藻土防カビ工事後
固い珪藻土防カビ工事後
   
固い珪藻土のカビ
固い珪藻土のカビ
防カビ工事後の固い珪藻土
防カビ工事後の固い珪藻土
   
   
<珪藻土パネル防カビ工事>  
珪藻土パネルのカビ
珪藻土パネルのカビ
珪藻土パネル防カビ工事後
珪藻土パネル防カビ工事後
   
   


珪藻土
はカビやすい。
珪藻土を塗る施工方法にも疑問が
あります。

クロス表面の上に珪藻土を塗る
業者のいます。
塗り厚が厚くない珪藻土では調湿
効果も限定的で、湿気を取り込み
保湿剤になるケースも少なくない
ので、結果的にカビが発生して
しまいます。

珪藻土のカビ臭は健康的にも危険。

プレモでは柔らかい珪藻土は掻き落とし
クロス仕様変更に伴う防カビ工事を。
固い珪藻土は、珪藻土表面に防カビ工事
を行い対応しています。


珪藻土パネルもカビます。
調湿効果が珪藻土の何倍もあるため
珪藻土パネルの下地処理や貼る場所

を間違えるとカビが発生します。



<左官天井防カビ工事>  
カビ臭を伴う左官天井のカビ
カビ臭を伴う左官天井のカビ
左官天井殺菌消毒中
左官天井殺菌消毒中
   
左官天井防カビ施工
左官天井防カビ施工
左官天井防カビ工事後
左官天井防カビ工事後
   
   

左官天井は外壁側からカビます。
※上記写真のようなケースは、公営の
賃貸住宅に多く発生します。


自衛手段として浴室用カビ取り剤
を利用してカビ取りされる方と会う
ことがありますが、カビが酷い場合
は諦めるケースも少なくありません。

このような左官天井には防カビ工事
が第一選択となります。

カビが発生している左官天井の上に
塗装して誤魔化す工事は絶対に行って
はいけません。(3ヶ月持たない)

写真のように酷いカビ状況ではカビ臭
も半端なく発生し、カビ臭による健康被害
が考えられます。

住む人の健康を守る意味でも、カビの
繁殖状況が酷くならないうちに防カビ
工事することをお勧めします。


<砂壁防カビ工事>  
砂壁のカビ
砂壁のカビ
砂壁掻き落とし後防カビ工事
砂壁掻き落とし後防カビ工事
   
壁ベニア張り
壁ベニア張り
クロス張りで完了
クロス張りで完了
   
   

砂壁は時間の経過と共にカビます。
10年前後もすれば砂壁にカビが発生
することもあります。

砂壁のカビ臭はかなり強烈です。

砂壁の和室で就寝されていると朝方
咳込み始める方も少なくありません。

お客様やご家族の健康を守り意味
でも、砂壁掻き落としに伴う防カビ

工事を強くお勧めします。
(クロス仕様に変更)

※ご予算により、壁にベニアを張る
オプション工事も行っています。
(地域限定になります)


<板張り防カビ工事>  
別荘板張り殺菌消毒後
別荘板張り殺菌消毒後
別荘板張り殺菌消毒後A
別荘板張り殺菌消毒後A
   
別荘板張り防カビ施工
別荘板張り防カビ施工
別荘板張り防カビ施工A
別荘板張り防カビ施工A
   
別荘板張り防カビ施工中
別荘板張り防カビ施工中
一晩経過別荘板張り防カビ工事後
一晩経過別荘板張り防カビ工事後
   
   

板張りはカビやすい。

別荘などでは、室内や浴室壁天井に
利用されていることがあります。

板張り表面に塗装しても、時間の経過
と共に湿気を取り込みカビが発生して
しまうがの板張りの特徴です。


プレモ防カビ工事では、殺菌消毒を
行い(深く繁殖したカビ色素は除去
出来ません)カビを出来る限り死滅させ
表面上のカビ色素については除去する
べく作業しています。

殺菌消毒後、板張り防カビ施工を行い
ますが、塗った直後はニスを塗ったよう
に見えるのが特徴。
浸透し乾燥すれば黒カビに強い板張り
になります。
(二度塗りすればさらに効果アップ)




壁天井のカビ対策を間違えない!


壁・天井に発生するカビは、主に結露
や高湿度が原因となります。


また、空気の循環が出来ずに動かない
空気なども要因となります。


結露が発生し、湿気が逃げ難い高気密
高断熱のマンションや戸建においては
カビ対策は避けられません。

間違ったカビ対策を見ることが実に多い
のですが、主にリフォームされた後に
発覚することが多いようです。

間違ったカビ対策を行わないためにも
壁天井のカビを発生し難くさせるには
経験と実績が必要になります。



壁天井のカビでお困りの時は
防カビ工事14年の実績がある
専門業者プレモに相談下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。
※別荘地域にも対応しています。


宜しくお願い致します。



このページTOPへ戻る

           Copyright (C) 2007-2019 Premo.Ltd. All rights reserved.           
有限会社プレモの防カビ工事は、埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県も対応
別荘地域(軽井沢町・箱根町・伊豆高原・那須高原・蓼科等)にも対応
ペット臭・事故物件後の腐敗臭・タバコのヤニ等の臭いも消臭工事で対応